日本一の蕎麦の里北海道幌加内町のおいしい手打ちそば処霧立亭 そば打ち レシピ情報掲載又手打ちそば(幌加内そば)特産品を通販実施中 北海道グルメのお取寄せとしてどうぞ

おいしい手打ちそば処霧立亭

おいしい幌加内そば
幌加内そばの紹介
新品種ほろみのり
蕎麦・そばのゆで方
幌加内町新そば祭り


自家製蕎麦をお届け
霧立亭について
お品書き
ご来店方法
お問い合わせ
姉妹店・あじよし食堂
メディアに紹介

リンク
幌加内のリンク集
店主の部屋


タイトル画像


「理想のソバ・ほろみのり」 幌加内で生まれた新品種・収量1.3倍、品質も安定、品のある味
幌加内町では平成9年度からそばの安定生産を目指してそばの品種改良に取り組み、同時登熟性を持つ多収性品種の育成を試みました。

農水省によれば人口2000人ほどの小さな自治体が農産物の品種改良に成功して登録するのは全国的にも珍しいとのことです。そんな中この幌加内で独自に開発された新品種は、町の名前を一部取り「ほろみのり」と名づけられ2001年の品種登録申請により農水省より種苗法に基づく品種登録を受けました。

従来種である「キタワセソバ」などは同じ時期に種をまいても開花期や収穫期にばらつきが出て、成熟が早い株は収穫前に実の脱粒が始まってしまいます。

「ほろみのり」は収穫までの期間が70日〜100日と従来種より20日ほど短く、収穫期もはぼ同時に迎えることができます。
このため脱粒が少なく、収量が1.3倍に増えたほか、品質のむらが少なくなります。また、食味は素朴な味のキタワセと比べ甘味があり、癖がなく上品な味と注目されています。

ソバに詳しい俣野敏子信州大名誉教授(農業生態学)からは「栽培する上では理想に近いソバで、開発できたのは画期的だ。有限伸育性の品種はロシアなど世界各国で研究されており、今後はこうしたソバが主流になるだろう」と評価されています。
(2002年(平成14年)1月7日(月曜日)北海道新聞夕刊より引用。)

 
ほろみのり品種登録情報を検索できます。

上記のサイトの『品種登録/出願公表データ』をクリックし、名称欄に ほろみのり と入力すると詳細な情報が表示されます。









手打ちそば・そば粉通販は幌加内そばの霧立亭|北海道幌加内町は蕎麦生産量日本一